自分に合った処分方法が見つかる!片付けた不用品の手放し先5選

部屋の片づけを頑張っているみなさんは、すでにいくつかの物を手放してきているはずです。その中で「手放すと決めた物をどう処分したら良いか」と迷ったことはありませんか??

  • まだ使えるものだからもったいない…
  • 売りに行くのは面倒だし、何か緊張するな…
  • 大きい物は処分が大変そう…

処分先は手放す物の大きさや、購入時の値段・使用頻度などによって変わってきます。

私もいつも手放し先に迷っていましたし、今でもたまに処分することに罪悪感を覚えます。それでも手放していくのは、それ以上に快適な生活を手にできるからです。

この記事を読むと…

  • 自分に合った手放し先がわかります
  • 手放す際に、きちんと基準をもって決めることができます
  • 手放し方5つのメリット・デメリットがわかります
目次

具体的な5つの手放し先 

主な手放し先は以下の通りです。

  1. ゴミに出す
  2. リサイクルショップ・専門店に売る
  3. 誰かにあげる・寄付する
  4. メルカリなどのフリマアプリで売る
  5. 供養してもらう

この中から自分がやりやすい方法を選んでいきましょう。

①ゴミに出す・粗大ごみ収集を利用する

これは一般的な処分方法ですね。ゴミ袋に入れて、特定の曜日になったらごみ収集所に持っていきます。明らかなゴミや使い古した物・壊れている物は積極的に手放しましょう。

  • かかるのはゴミ袋の代金と運ぶ手間だけ
  • 一番簡単で、一番楽な方法
  • あまり時間をかけずに手放せる

ただ、ゴミとして捨てる際に多くの方が感じるのが「罪悪感」です。特に日本人には「もったいない精神」が強く残っていますが、これは物を手放すときに最大の壁となります。この壁を越えられるかどうかで部屋が片付くかが決まるといっても過言ではありません。

今後も物を手放す度に罪悪感をおぼえるかもしれません。ですがこれも、残した物を今以上に大切にするためと割り切りましょう。

また粗大ごみの手続きも、やってみると意外と簡単です。

ネット上で申し込みをし、コンビニでその金額分のシールを買う→シールを貼った粗大ごみを、当日指定された場所に置いておく

これだけで完了です。

大きなものは手放すまでに覚悟が必要ですが、思い切って行動してみると案外簡単だったりします。最近はジモティーを活用する人も増えているようですね。

※ゴミ・粗大ごみの回収については、住んでる地域のルールをしっかり確認してください。

②リサイクルショップ・専門店に売る

 

メリットとして次のようなことがあげられます。

  • 不用品がお金に変わる 
  • ゴミとして手放すよりも気持ちがラク
  • まだ使える大きなものを簡単に手放せる(自転車など)
  • 大量にあるものを一回で手放せる

逆にデメリットとしては以下のことがあります

  • お店まで行く手間と運ぶ大変さがある
  • 査定までに待ち時間がある
  • 本人確認等の手続きが少々面倒
  • 全く値段がつかなかったら恥ずかしい…という気持ちがある(私の場合)

これらのメリット・デメリットを踏まえて、手放し先を決定しましょう。

【本の場合】

本が多いと、フリマアプリで売るにも時間と手間がかかりますよね。ある程度まとまった冊数であれば、お店の方があっという間に売れてお部屋の中も片付きます。

ただ、本の買い取りは低めの金額を提示される場合もあります。状態の良い本や人気のあるものは、メルカリへの出品をお勧めします。

※雑誌や週刊誌・月刊誌の場合、紙ゴミ収集に出す人が多いようです

【服の場合】

大きなエコバッグ2袋に、着なくなった服をパンパンに詰めてお店に持ち込みました。

主に私の服と子供のサイズオーバーした服です。中には1度しか着ていない結婚式用のドレスもありました。

…が、そのようなドレスがありながら、実際に売れたお金はトータル300円未満でした。有名ブランドの服でない限り、高値で売れる見込みはなさそうです。

ほぼ新品または状態の良い服は、メルカリでの出品をお勧めします。

高価な物は専門店で売る

使わなくなった一眼レフカメラを2台売り、1万7千円ほどの値段が付きました。購入時の価格は高価でしたが、だいぶ古い型ということもあり大満足です。

カメラ・スマホ・PC・楽器などは専門店に持ち込んでみましょう。

➂知人にあげる・寄付する

私は手放す予定の物を人に譲ることはほとんどしません。

なぜなら、「これいる?」と聞かれて「いらない」とはっきり言いにくい場合もあるからです。とりあえずもらっておいて、自宅で処分することがよくあります。

そのうえ「この前のあれどうだった??」なんて聞かれたらもう辛いですよね。

家族内も同様です。

相手の行動をよく理解しており、必要そうと判断したときのみ声をかけます。いると言われれば譲りますが、その後不要になったら手放すことに口出しはしません。

また家の中をスッキリさせたいという目標があるのに、家族間で行き来していたらトータルの物量は全く変わりませんよね。

もし譲るのであれば、相手が本当に欲しいと言っている場合に限って譲りましょう。

また寄付する場合も同様です。

私の職場に、使わなくなったおもちゃなどを寄付したいとう方が時々いらっしゃいます。ですがこちらでは使えない物が多く、お断りするケースがたくさんあります。

「だれかに使ってもらいたい」という気持ちはとても素敵ですが、まず自分の中で迷惑にならないかをしっかり考えてみましょう。自分は手放せてスッキリしても、相手の持ち物が増えるということを忘れないでください。

 ④メルカリに出品する

最近メルカリを始めとする「フリマアプリ」が増えてきましたね。このフリマアプリこそ、物を手放す際の強い味方なのです。

品物にもよりますが、場合によっては他より高値で売れることがあります。

未経験者の方はやってみるまでが大変だと思いますが、実際に始めてみると楽しいですよ。

⑤供養してもらう

こどもの頃に買ってもらったひな人形・五月人形や兜などは、なかなか普通に処分できません。

そのような場合は、近くの神社・お寺・葬儀場などで供養してもらえます。無料でお願いできる場所もあるようなので、一度調べてみると良いでしょう。

その他人形やぬいぐるみも同様に、手放しにくいものの一つです。

供養してもらう以外にも、布などで目を隠して全体を丁寧に新聞紙で包み、感謝を込めてゴミ袋に入れる方法もあります。軽く塩でお清めしてもよいですね。その際は、間違っても他のゴミを一緒に入れたりしないように注意して下さい。

手放し先を決める判断基準

どのような方法で手放すかを実際に決める時…

  • 手放す物の状態
  • 優先させるべき自分の気持ち

この2点が大きく関わってきます。

手離す物の状態

物の状態について以下のような点がポイントとなります

  • 大きさ…ゴミとして出せる大きさかどうか。自分で運べるかどうか。
  • きれいさ…売ったりゆずったりできるか⇒汚れがひどいものはゴミとして処分する。
  • 壊れているかどうか…壊れていれば基本は処分。中には壊れていても売れるものもある(PCやスマホなど)。

物の状態をよく観察してみて下さい。大事な判断基準となります。

優先させるべき自分の気持ち

手放し方で迷うのは、この「自分の気持ち」によるところが大きいと思います。以下のポイントを見て、自分がどうしたいか・何を優先させたいかを考えてみて下さい。

  • 罪悪感なしに処分できるか…どうしても罪悪感があるような時は、売る・あげる・お金をかけて処分することを考えましょう
  • 面倒に感じるかどうか…売りに行く・フリマアプリに出品するのが面倒なら、潔く処分しましょう
  • 少しでも早く手放したいか…手放すものを置いておきたくない場合は、ゴミに出してしまうのが一番早いです。売れるまで待てる場合はリサイクルショップやフリマアプリを活用すると良いです
  • タダでも良いか・お金に換えたいか…少しでもお金にしたいのであれば、売るの一択です 

子どもの長靴が小さくなり、どう手放すか悩んでいました。
売ればお金になるかもしれない…でもこれだけ売りに行くのも恥ずかしい…。メルカリで大きなものを売ったこともないし…。
色々考えた結果、考えるのがつらくなってゴミとして処分することにしました。
あれこれ考えるのは時間がもったいない場合もありますね。

まとめ:手放し方・自分の気持ちで納得のいくお別れを

以上、物の手放し先5選&手放し先を決める判断基準でした。

  1. ゴミに出す
  2. リサイクルショップ・専門店に売る
  3. 誰かにあげる・寄付する
  4. メルカリなどのフリマアプリで売る
  5. 供養してもらう

ご自分に合った手放し先は見つかりましたか?

ある程度物を減らしたら、今度は不要なものを買わない習慣も身につけられるといいですね。そうすればゴミの量だけでなく、出費もおさえることができます。

それでは今回はこの辺で。最後まで読んで頂きありがとうございました!

あわせて読みたい
未経験者でも簡単に楽しめる!超初級メルカリ活用術 複数あるフリマアプリの中でも、「メルカリ」は不動の人気を保っています。 欲しい物を買うのはもちろんですが、片付けで出た不用品を売るのにもとても便利です。ですが...
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる