片付けの基本【捨てること】の重要性~なぜ物を手放す必要があるのか?~

あなたは「断捨離」という言葉を聞いたことがありますか?おそらくほとんどの人が、一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。

  • 片付けをするのに、そもそもなぜ物を捨てないといけないの?
  • そんなにやたらと捨てて大丈夫?
  • 持ち物を減らすとどんな良いことがあるの?

このように、まだ使える物を捨てることを疑問に思う人もいるでしょう。

ですが実際に不要なものを捨てると、毎日の過ごしやすさが大幅に変わってくるのです。

  • 物の全体量が減ると必要なものにアクセスしやすくなる
  • 自分が安心できるスペースが確保され、有意義に時間を過ごすことができる
  • 精神的な負担が減り、体調も安定する

私は物を手放すことで、心理的・物理的に重い荷物を降ろすことができました。
今では考えも行動も軽くなり、毎日前向きに過ごせています!

※「断捨離」という言葉はやましたひでこさんの著書により流行しました。

目次

【不用品の処分】は片付けに関する各分野で重要視されている

部屋が全然片付かない。片付けても結局リバウンドしてしまう。これは多くの人が持つ悩みですね。

そのような場合、原因は「物が多い」というところにあります。不要な物を手放すことで改善されるでしょう。

そして「物を手放す重要性」については、片付けに関する各分野で最優先事項としてあげられています。

製造業・サービス業における5S

業務に必要な過程を、Sで始まる5つの単語で表しています。

  • 整理…不要なものを捨てる
  • 整頓…使いやすいようにしまう
  • 清掃…きれいに掃除をする
  • 清潔…清潔な状態を保つ
  • 躾…上記の過程を習慣化する

この場合、大切なのはこの順番にあります。

つまり、5Sの中で最初にやるべき行動が「不用品を捨てること」になるのです。 

正しい部屋の片付け方「5S」~やる気になれる!合言葉はリラックス~

ミニマリストの基本的考え・ミニマリズム

ミニマリストとは…

自分がやりたいことに集中するために、部屋の環境を整える人たちのことをいいます。

そして多くのミニマリストは、そのやりたいことに関連しない物(不用品)を手放す「ミニマリズム」という考えを基本としています。

そうすることで、時間や物理的・精神的な余白を作り出します。

ミニマリストとは?生きづらさを感じる原因は持ち物の多さにあった!?

整理収納アドバイザー

私は整理収納アドバイザーの資格を持っています。

整理収納と聞くと「物をしまう」という点にフォーカスされがちですが、実はそれだけではありません。

収納する前の段階として、やはりここでも「必要な物・不要な物」を仕分けるという作業があります。

そして必要な物のみを使いやすく収納して、他は手放していくのです。

不要なものを手放すことが、片付けの基本ということをおわかり頂けましたか?
なので、片付けよう!と思ったらまず物の見直しから始めてみてください。

物を溜め込むのは満員電車に乗っているのと同じこと

これまで、不用品を捨てることの重要性をお伝えしてきました。

ここからは「散らかった部屋がどういう状態なのか」ということを、電車の混み具合に例えて紹介していきます。

電車の混み具合=部屋の物量

電車の乗客=部屋にあるひとつひとつの物

というイメージで読み進めて下さい。

満員電車(乗車率80~100%)

  • とても窮屈で身動きがとれない
  • 他の乗客との距離がかなり近い
  • 人が多すぎて必要な時に下車できない
  • 風が通らず重苦しい空気
  • スマホを見ることも難しい(立っている場合)
  • かなりのストレスがかかり、時には体調不良になることも

疲れた!もうぐったり!満員電車なんて二度と乗りたくない!
そんな状態ですね。

 

これを部屋に例えると…

  • 物で溢れかえっていて、どこに何があるのかわからない。使っていないもの・存在を忘れているものもかなりある。
  • 物がかなり散らかっている。収納しきれていない。
  • 物が多すぎて、必要な時に欲しいものが見つからない。
  • 空気の通りが悪く停滞している。場合によってはカビが発生。
  • やりたいことをやるのも困難な状況。
  • 多くの場面でストレスを感じている。また掃除が行き届かず、体調不良を引き起こす危険もある。

適度に混んでいる電車(乗車率40~60%)

  • 自分のスペースはある程度確保できる
  • 他の乗客との距離もそれなりにある
  • ほとんどの場合は降りたい場所で下車することができる
  • 風通しがよくなり、空気の重さ・閉塞感はだいぶ緩和される
  • 物事を考えたり、本やスマホを取り出す余裕がある
  • たまにストレスを感じる時もあるが、基本落ち着いて乗っていられる

少し不自由な時もありますが、特に問題なく毎日乗っていられるレベルですね。

実際の部屋はこんな感じ…

  • 自分がある程度ゆっくりできる場所がある。
  • 物の量はやや多め。
  • どこに何があるのか、大体のことはわかっている。だが、時には探し物でバタバタすることも。
  • 風通しは割と良い。
  • 自分のペースで、好きなことをして過ごすことができる。
  • たまに慌てたり探し物でストレスを感じることも。日常生活は普段通り行える。

空いてる電車(乗車率10~20%)

  • 自分のスペースを十分に確保できる
  • 他の乗客との距離も十分すぎるくらいとれている
  • 必要な時にスムーズに乗り降りできる
  • 風通しがとても良く、快適に乗っていられる
  • やりたいこと(読書・スマホ・音楽を聴くなど)をして有意義な時間を過ごせる
  • 精神的に何のストレスもなく、体調も万全

快適そのもの!毎日乗りたいくらいの理想的な電車です!

そんなお部屋はこんな感じ…

  • 家中どこにいても安心して過ごすことができる。
  • 本当に大切なもの・必要なものだけを持ち、それらを大切に使っている。
  • どこに何があるかを把握しているため、必要な時にすぐ手に取れる。
  • 余白があることで、部屋全体できれいな空気が循環している。
  • 早く帰りたくなるようなお部屋。理想的なお家時間を過ごせる。
  • 自分にとって必要な「こと・もの・人」を厳選しているので、常に心身が安定している。

あなたの部屋は、現在どの電車に当てはまりますか?

そして、理想とする電車(部屋)はどれですか?

その差はどのくらい?

現状を把握して、目標を持つ。それは片付けをするうえでとても大事なことです。

まとめ:現実を理解して大きな1歩を踏み出そう

以上が「片付けの重要性について」でした。少しでも物を減らしてみようという気になりましたか?

復習ですが、ものを減らすとこのように生活の質が上がります。

  • 物の全体量が減ると必要なものにアクセスしやすくなる
  • 自分が安心できるスペースが確保され、有意義に時間を過ごすことができる
  • 精神的な負担が減り、体調も安定する

理想形は、適度に混んでいる電車・空いている電車のどちらでも構いません。
最初からどちらかを選んでも良いですし、片付けをしているうちに変更しても問題ありません。

まずは自分のペースで、使っていない物を手放すことから始めてみましょう。きっとあなたの生活がより良い方へと動き出します。

それでは、今回はこの辺で。最後までご覧いただきありがとうございました!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる