災害にそなえて見直そう!ミニマリストでも持っておきたい5つのストック

ストックをたくさん持つと、場所を取るんじゃない?

物(必要以上のストック)に家賃を払いたくないな…

そう考える方は多いと思います。

中でもスッキリした部屋が好きな人は、あまり多くの物を持ちたくありませんよね。

ですが、この記事を読むとストックがある事の大切さ・安心さをわかって頂けると思います。

私もミニマリストを名乗っているくらいなので、物の総量が少ないに越したことはありません。

ではなぜストックを持つことを強くおすすめしているのか?

それは、実際に【東日本大震災】を経験したからです。

それ以来、私は下記で紹介する5つのストック【生鮮食品・非常食(水)・日用品・現金・ガソリン】は切らさないよう常に心がけています。

幸いにも家族・住居に大きな被害はなく、非難する事もありませんでした。
ですが、知人の中には大変な思いをされた方が多くいらっしゃいます。

そして、私の住む地域ではガス・電気・水道全てのライフラインがストップしました。

目次

常備しておきたい5つのストック

みなさんはストックをどのくらい持ち、また買い足す頻度はどの程度でしょうか?

一般的に…

非常食は最低でも3日分必要と言われています。災害時の復旧体制が整うまでにそれくらいかかるそうですが、もちろんそれ以上になる場合も考えられますね。できれば1週間分くらいあると安心かもしれません。

3日間×家族の人数分となると結構な量です。

●日用品に関しては、なくなったら買い足す。または一つだけ用意しておく。複数個準備するなど様々だと思います。

そして、各家庭の家族構成によって必要な物が大きく変わってきます。

赤ちゃんがいるお家はオムツ・ミルク、ペットがいる場合はエサといったお世話用品がプラスされますね。

それでは、ストックするべき5つを具体的にご紹介していきます。

冷蔵庫の中(生鮮食品・冷凍食品)

買い物をする頻度は、毎日・週2~3回、週1回のまとめ買い。どれでも大丈夫です。

ただ、できれば空っぽの状態にしておくのは避けた方が良いでしょう。

震災時お店には長蛇の列ができました。雪が降る中2時間待っても、買えるのは缶詰やカップラーメンなど。

野菜等の生鮮食品が手に入りにくい状況でした。

冷蔵庫は電気が通っていなければ機能しませんが、発泡スチロールやクーラーボックスに入れておけばいくらか保存ができます。貴重な食料に変わりはありません。

非常食・保存水

冷蔵庫の中は、常温では保てない物がほとんど。そのような時あると便利なのが非常食です。

【ローリングストック】という方法を知っていますか?

普段から少しずつ消費し、足りなくなった分を後日補充してまわしていく方法です。

●必要な時に食べられる

●一定量を保つことができる

●こまめに確認するので、賞味期限の管理もしやすい

●普段食べている物をストックしておける

パスタなどの調理用に、可能であればカセットコンロとガスを持っておくと便利です。

我が家ではその他に長期保存可能なアルファ米、スープ、缶詰のパン、お菓子、水などを箱買いしています。

私のように、ふるさと納税を利用して非常食・水を購入するのも良いと思います。最近は5年保存の物が多いので、毎年買う必要はありません。

日用品のストック

先にもお話した通り、災害時にはお店に行って欲しい物を買うのも一苦労です。

水が出ないときは洗い物もできません。食器にラップをかけて食事をし、食べ終わったらラップだけ捨てて繰り返し使っていました。

定番ではありますが、ウエットティッシュや電池は本当に必需品です。

その他、災害時用に歯磨きシートや洗い流さないシャンプーも用意してあります。

普段使っている日用品、特に頻度の多い物は1つといわず複数個(または大容量の物)持っていても良いかもしれません。

現金

当時、会計に使ったのは全て現金でした。キャッシュカードもクレジットカードも全く機能していなかったと記憶しています。

寒かったので、現金で石油ストーブを買って暖をとりました。中距離を移動するために自転車を買ったのも現金です。もちろん食料も。

今はキャッシュレスの時代なので、当時より進化しているかもしれませんが…。

それでも常に数万円の現金を家に用意しておくと安心です。

ガソリン

車を持っている人は、ガソリンのメーターにも気を配ってください。そして減ってきたら早めに給油しましょう。

お店同様、災害時はいつもなら絶対見ないような長蛇の列になります。

そして車は必要な物の調達はもちろん、離れた家族の様子を見に行ったり、場合によっては出勤しないといけない事もあります。

私は給油ランプがついたら、「明日でいいか」ではなく「今日中に入れておこう!」と思うようになりました。

まとめ

我が家の収納棚(小)は、災害時用のストックでほぼ埋まっています。ですがそれは全部必要な物として保管してあります。

災害はいつどうなるかわかりません。

起きるかもしれないし、起きないかもしれない。

ストックが役に立つかも知れないし、ムダになるかも知れない。

それでも家にあるべきものだと、震災を経験したからこそ自信を持ってお伝え出来ます。

みなさんも、これを機に見直しをしてみませんか?

それでは、今回はこの辺で。

最後まで読んで頂き本当にありがとうございました!

~おまけ~
コストコに売っているような、大量のトイレットペーパーやキッチンペーパーなど。
あそこまで多いと、さすがに邪魔かも…と思えてきます。
何度もリピートしてる商品なんですけどね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる