【ミニマリズム最大活用!お金管理のための手放し術】~手間を減らして貯金を増やす方法~

あなたは家計管理ができていますか?中には「いちおう口座残高は確認している…」「なんとなくどんぶり勘定…」という人も実は多いはず。

理由として…

●お金に関する知識があまりない・難しくて勉強する気になれない

●口座やカードなど、管理するものが多くて把握できない

●そもそも管理するのが面倒

というものが挙げられると思います。

そのような人はぜひミニマリズム思考を取り入れてみて下さい。きっとお金管理のハードルが下がるのを実感できるでしょう。

~ミニマリズム思考で変わるお金まわりの行動~

●不要な口座などを解約し、全体量を少なくできる

お金の管理が今まで以上に簡単になり、貯金が可能になる

本当に必要なものだけを買う習慣ができる

私はお金まわりの整理をして以下のように変わりました。
通帳10冊→5冊
クレジットカード+ETCカード6枚→2枚
ポイントカードたくさん→3枚
長財布→ミニ財布へ
貯金・投資もできるようになりました。

※ミニマリズム…ミ二マリストがもつ、自分にとって必要なものを残しそれ以外を手放すという考え方。そうすることで行動や考え方に余白が生まれ、新たなことに挑戦する余裕が生まれる。

目次

すぐに実践!お金まわりを手放す!

次に紹介する項目は、すぐにでも実践してみてください。時間もないし面倒…と思うかもしれませんが、やった分だけ結果に表れます。そうなると今後お金の管理を続けていくのが楽しくなりますよ!

銀行口座

自分+パートナー(家庭による)+子ども人数分となると、所有する銀行口座も多くなります。そしてその中でも日常で使うものと貯金用、さらには普通預金と定額預金、債券用…等となると、かなりの冊数になるでしょう。

そうなると、次第に管理が面倒になってしまいます。満期が過ぎてもそのまま放置ということにもなりかねません。そこで不要な口座を解約する必要があります。

●使っていない口座は解約(同時にキャッシュカードも減らせます)

●同じ用途のものはなるべくまとめる

●金利の低い預金は預け替えをする

●自分が管理する必要のない口座は本人に返す

※家族の口座を解約する場合は、きちんと相談してからにしましょう。

~現在の我が家の場合(3人家族)~

  • パートナーの給与口座…1冊
  • 私の給与口座…1冊
  • 貯金用口座…1冊(特別など使う目的のある貯金)
  • 子どもの普段使い用口座+貯金用口座…2冊
  • 貯金用口座…楽天銀行(ネットバンキングのためカードのみ)

銀行口座はネットバンキングもおすすめ!あおぞら銀行は金利2.0%、楽天銀行は金利1.0%(楽天証券も申し込み、マネーブリッジをさせることが条件。最大300万円までにこの金利が適用される)とメガバンクよりも高い傾向あります。もしネット銀行に不安があるようでしたら、実店舗と併用するのも良いでしょう。※2022年5月現在の情報です

防犯面で気にならなければ、銀行印の数もまとめると良いでしょう。「対応する口座とハンコがわからなくなる」という事態を防ぐことができます。

クレジットカード・ETCカード

「特定のお店で使うと値引きされる」「セルフバックで契約すると〇〇円もらえる」などで、クレジットカードを持ちすぎてはいませんか?

クレジットカードを複数枚持つデメリット

  • ポイントが分散されて集まりにくい
  • 種類によっては年会費がかかる
  • 防犯面で危険
  • 支払いが複雑なったり、使いすぎてしまう原因になる

以上のことから、クレジットカードの枚数は1~2枚をおすすめします。店舗によって対応するクレカ会社が違う・カードの不具合で機械を通らない等を考えると、2枚(メインとサブ)あると安心ですね。

クレジットカードを選ぶポイント

  • VISA・JCB・Mastercardから異なるものを1~2社を選ぶ
  • 車で高速道路を使う方はETC付きのものにする
  • 楽天カード(ポイント還元率や楽天経済圏で生活したい方向け←おすすめ)・Suica(電車を利用する場合)・エネオス(ガソリンをよく入れる)などがおすすめ  楽天カード公式サイト→こちら

キャッシュレス派の人におすすめの家計簿アプリが「マネーフォワードME」

銀口座やクレジットカードと連携することで、自動的に家計簿をつけてくれるのでとてもラクです。

公式サイト→こちら

クレジットカードをメインの支払い方法にする場合は、使った金額をきちんと把握しましょう。
ミニマリズムの考えを取り入れると、本当に必要な買い物かどうかを吟味するようになります。私はミニマリストになってクレカと物欲の管理ができるようになり、家計簿アプリを活用できています。

ポイントカード

ポイントカードは、お得感・集めるゲーム性があります。ですが買い物でこれらを求めるのは目的と違いますよね。本来は欲しいもの・必要なものを買いに来ているのです。

頻繁に使っているものとそうではないものを選別しましょう。

残すもの手放すもの
よく利用するお店
利用する頻度は少ないが、定期的に行くお店
還元率が高い(楽天ポイント)
色々なお店で使用できる(Tポイントやdポイントなど)
会員証やクレジット機能を兼ねている
スマホアプリがない
あまり行かないお店のポイントカード(月1回行くか行かないか)
使い方がわからない・登録の仕方がわからない

なかなかポイントが貯まらない
スマホのアプリとして管理できる
有効期限が切れている

デメリットに分類されるポイントカードは思い切って手放しましょう。なくても特別困るものではないと思われます。

私が所有しているのは楽天ポイント(クレジットカード一体型)、ガソリンスタンドのポイントカード(車に保管)、美容室のポイントカード(会員証のようなもの・自宅保管)の3枚です。

大量の小銭

我が家には小銭がかなりの枚数ありました。いつかゆうちょ銀行で両替しようと思っていましたが、2022年1月から手数料がかかるように。

ゆうちょ銀行窓口での両替枚数と手数料は以下の通りです。

硬貨枚数料金
1~50枚無料
51~100枚550円
101~500枚825円
501~1,000枚1,100円
1,001枚以上500枚ごとに550円加算
ゆうちょ銀行HPを参考

硬貨取扱料金の料金シュミレーション→こちら

  • 機械で枚数を確認するだけでも手数料がかかるので注意!無料で両替したい場合は50枚ちょうどを準備しましょう。その他詳細はHPを確認してください。 →こちら
  • 他銀行の両替手数料については各HPをご覧ください。

ゆうちょ銀行は枚数に対して手数料がかかります。また、「コインスター」という両替機は合計金額の9.9%の手数料が引かれます(2022年5月現在)。お近くに設置店がある場合、利用してみてはいかがでしょうか。

硬貨の量にもよりますが、金額の大きい500円、100円、
50円は銀行窓口へ。

逆に1円、5円、10円はコインスターを利用すると手数料を抑えられます。

以上のことを考えても、これからの時代キャッシュレスの方が効率的と言えますね。

まとめ:最初は少し面倒でも、後から管理が楽になる

お金まわりのものは、通帳やカードなどそこまで場所を取るものではありません。ですが、整理して不要なもの手放すだけで生活が一変します。

みなさんもこの記事を参考にして、お金・家計と向き合ってみて下さい。

記事の最終まとめ

  • お金関係のアイテムを、使っているもの・まとめられるもの・不要なものに分ける(解約などで手放す)
  • ミニマリズムを取り入れる(不要なものは手放す・買い物は本当に必要なものだけ)

そうすることでお金の管理がかなりラクに。家計簿アプリを見るだけで現状が把握できたり、貯金やさらに投資へと関心が持てるようになります。

この記事で何かお役に立てれば幸いです。最後までご覧いただきありがとうございました。
おまけ:領収書や請求書などの書類も、半年・1年に一回ぐらい見直してみましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる