「ファッション小物の使い方」~厳選されたアイテムで自分だけのおしゃれを楽しもう!~

アクセサリーやバッグ・靴といった小物を選ぶのも、ファッションの楽しみですよね。ですが、みなさんはこんな悩みを持ってはいませんか?

●小物の数が多くて、毎回組み合わせに困ってしまう

●それぞれ何個くらい持つべき?

●お気に入りを残す時の基準は何だろう?

一軍の服に色味・華やかさ・バリエーションをもたせてくれるのが、このファッション小物。では、それぞれどのくらいの量を持っていれば良いのでしょうか?

この記事を読むと、お気に入りだけを残し、より一層ファッションを楽しめるようになります。また、小物を選ぶ時間もぐっと減りますよ。

では先に結論からお話ししましょう。残すべきファッション小物とは…

  • よく使っているもの
  • 手持ちの服に合わせやすいもの
  • 身につけていて不快感のないもの
  • 一年を通して身につけられるもの

以上のものを、それぞれ3~4個ほど残しましょう。

私も実際に減らしてみて、1つひとつのアイテムにより愛着がわくようになりました。出かける時も以前よりテンションが上がって楽しくなります!

目次

ファッション小物の数と私の愛用品

一日のコーディネートを決める時、意外と多くの過程があることを意識していましたか?

  1. 服を選ぶ(気温やTPOに合わせて、上下の組み合わせ)
  2. 靴下やタイツ等を選ぶ
  3. アクセサリーを選ぶ(ピアスやイヤリング、ネックレス、ブレスレットまたは時計、指輪など)
  4. バッグを選ぶ
  5. 靴を選ぶ

場合によっては、帽子やマフラー・手袋・傘・ネイル・髪型・お化粧・マスク等も大きく関わってきますね。

これらの過程を短時間でスムーズに行うためにも、それぞれの適量は3個ほどにすると良いでしょう。

なぜなら、人間の脳はあまり数が多いと判断に迷ってしまうからです。お弁当に松・竹・梅とあるように、3つの中から1つを選ぶくらいがちょうど良いと言われています。

※必要数は人それぞれなので一概には言えません。ご自分のライフスタイルに合った数を探してみて下さいね。

アクセサリー

ここではピアス(イヤリング)・ネックレス・ブレスレット・リングの4種類をご紹介します。

実際に私が愛用しているアイテムの写真もお見せします。

ピアス・イヤリング

私はイヤリングだと耳が痛くなってしまうため、ピアスのみを付けています。イヤーカフも良いのですが、失くしてしまいそう持っていません。

本当は大ぶりのものが大人っぽくて好きなのですが、着用時の不快感があったので手放しました。それは以下の通りです。

  • とにかく重い
  • マスクや服の着脱時に引っかかる
  • 重みで耳たぶが垂れ下がる・大きくゆれる

そして、現在愛用中なのがこちら↓↓

えむえむ先生.com

どれも小ぶりで主張が控えめなものばかりです。

ネックレス

もともと高級なものは持っていません。なので、中でも特に安っぽく見えるもの・使っていないものは手放しました。

えむえむ先生.com

昔ピンクが好きだったこともあり、こんな感じに。

キレイ系・カジュアル系・短めの3種類を残して、服装に合わせて使っています。

特に気に入っているのが、真ん中のハート形のネックレス。学生の頃、とある本で「石は必要とされている人のところへ行く」という文章を読んだことがありました。半信半疑で近くのお店に行ってみると、この石が私を呼んでいたような気が…!それ以来、この石が私の相棒です。

ブレスレット・時計

以前は革製のブレスレット2本(茶と白)と華奢なものを1本持っていましたが、今は全部手放しました。

理由は、毎日Applewatchをつけているから。お風呂と洗顔時以外はいつもつけています。

どんな服にも合うように、グレージュのバンドと白い防水タイプのカバーを付けています。

えむえむ先生.com

パートナーから譲り受けたため、女性の私にはだいぶ大きめ。ですが画面も見やすく気に入っています。

リング

毎日ピンクのリングと結婚指輪を重ね付けしています。

それ以外に、お出かけ用として4℃のリングを持っています(結婚前に購入したもの。その時の気分によって、つけたりつけなかったり…)。

もともと3つしかないため、手放したものはありません。

えむえむ先生.com

手前の4℃のリングは凸があるため、カバンに手を入れた時にひっかかる事がよくあります。気になるポイントではありますが、今のところは残しています。

アクセサリーの色は統一するべき??

私はシルバーとゴールド、どちらの色も持っています。

以前は断然シルバー派でしたが、年齢を重ねるにつれゴールドの方が肌なじみが良くなってきました。

最初の頃は色を揃えるようにしていましたが、最近では特に意識していません。手元に残してあるものはお気に入りで、自分にとって間違いないアイテム。もし出先で「やっぱり変かな?」と思っても、アクセサリーならすぐに外せて、しかも軽いので持ち運びもラクですよね。

後から簡単に引き算できるのがアクセサリー。あまり深く考えずに、身軽に行動してみましょう。

バッグ

私が所有しているバッグは、①本革のショルダーバッグ(茶)②合皮のハンドバッグ&ショルダーバッグ(2WAY・黒)➂無印良品のトートバッグ(白)です。※今回数には入れませんが、通勤用のリュックもあります。

えむえむ先生.com

以前は何でも入るような大きめバッグしか持っていませんでした。ですがそれだと、荷物が重すぎてお出かけが楽しいと思えませんでした。すぐに疲れて、ひどい時は具合が悪くなってしまうほど。

そこで、思い切って小さめバッグに変えました。

それからは身軽に行動できて、とてもお出かけが楽しくなりました。

日によっては書類を持ち運んだりする場合もあるので、そういう時はトートバッグで対応します。あえて小さめにすることで、持ち物の入れすぎを防止しています。

選ぶポイントとしては…

  • 主張しすぎず合わせやすい色
  • 年間を通して使える素材(カゴバッグ・ファー付きなどは避ける)

靴で一番重視するポイントは、とにかく歩きやすいこと!なので、ヒールが付いた靴は持っていません。※この他に、雪国のため防寒用ブーツも持っています。

えむえむ先生.com

画像左から

①MOONSTAR MADE IN KURUME(黒)

デザインと歩きやすさ重視!残念ながら雨・雪には対応できません。

最初は靴ひもがきつくて、履く度に結び直す必要がありました。それが億劫で履かなくなったり…。ですがゴム製の靴ひもに変えたとたん、悩みが解決されました。今では手放さなくて良かったと思える一品です。

②chausser(ショセ)の革靴

冬にお気に入りのブーツを手放した際、「どうせなら一年中履ける良い靴を買おう」と思い購入したのがこちら。本革ですが、雨にも強いところがお気に入り(さすがに雪の日は難しいかも知れません)。間違いなく人生で一番高い靴です。手入れをしながら長く履くのが目標。

※現在は中敷きをプラスして使用しています。

➂日常使いのウォーキングシューズ

通気性の良いメッシュ素材なので、雨・雪にも対応できるスニーカーに変えたいと思っています。

まとめ:数は【3】!一年を通して身につけられるものを!

以上が私のファッション小物でした。

やはり意識していることは洋服と一緒。「快適に身につけられるもの」,「1年を通して出番があるもの」,「合わせやすいデザイン・色」です。

そしてここに「定数3~4個」というキーワードが入ってきます。

どうしても小物で季節感を出したい場合は、数を増やしても大丈夫です。ただ、持ちすぎには気を付けて下さいね。

それではこの辺で。また次の記事でお会いしましょう!

おまけ:ネックレスの所でもお伝えしましたが、特に小物は「キレイめ・カジュアル」の両方を持っていると組み合せに便利ですよ!

どんどん外に出たくなる!お気に入りの服の残し方

あわせて読みたい
どんどん外に出たくなる!ミニマリスト流お気に入りの服の残し方 季節の変わり目、「あれ、今まで何着てたんだっけ?」 出かけた先で、「何だか今日の服装しっくりこないなあ。どこかでこれに似合う服買おうかなあ…?」 「服の量を減ら...
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる